MicrosoftFlowでGmailをトリガーにしたワークフローを作った

更新日:

特定の差出人からのメールだけモバイルに通知するフローを作りました。

作り方

  1. Microsoft Flowアプリを開きます。
  2. フッターメニューから「フロー」を選択します。
  3. ヘッダー右の「+」ボタンを押します。
  4. 表示されたメニューの「一から作成」を選択します。
  5. トリガーの検索窓に「Gmail」と入力します。
  6. Gmailを選択します。
  7. ラベルをプルダウンメニューから選択します。
  8. 「新しいステップ」をタップします。
  9. 一つ目のボックスをタップし「差出人」を選択します。
  10. 二つ目のボックスをタップ し条件を選択します。
  11. 三つ目のボックスをタップし条件を入力します。
  12. 「はいの場合」のブロックの「アクションを追加」をタップします。
  13. 「Notifications 」(send me a mobile notification) を選択します。
  14. 画面上部のテキストボックスにフロー名を入力します。
  15. ヘッダー右の「作成」ボタンをタップします。
  16. 作成完了です。

IFTTTではGmailをトリガーとして使えない

IFTTTではGmailをトリガーとすることができません。

Gmailをトリガーにしたワークフローを作成したい場合は、IFTTT以外のツールを利用しましょう。

尚、IFTTTでもアクションとしてであればGmailを利用することができます。

Gmailを検索します。
検索結果なしとなります。

Email(IFTTTアドレス宛のメール)、MailChimp、Office 365 Mailはトリガーとして使えます。

-Microsoft Flow
-,

Copyright© LESS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.