TaskChute Cloud 5日目 リンクを活用する

更新日:

学んだこと

リンクの特徴

一タスクに登録できるリンクは一つです。

リンクを設定するとタスク開始時にポップアップ画面が表示されます。「このリンクを開く」を押すか、enterを押すとリンクを開くことができます。

リンクの活用方法

タスクにリンクを設定しておくと、特定のウェブページやアプリケーションに飛ぶことができ、スムーズに作業を始めることができます。

リンクを一番活用できるのはルーチンです。タスクの開始と同時にWebページやアプリが開けます。そのほか、計画段階で各タスクにリンクを設定しておけば、作業開始時の負担を減らせます。タスクの開始ボタンを押すだけで必要な環境が立ち上がり、スムーズに作業を始められます。

リンクの活用例

昨日の振り返り

  • Evernoteの検索結果(created:day-1)へのリンク
  • Evernoteの検索結果(todo:true)へのリンク

ブログの執筆

  • WorkFlowyのブログ下書き用トピックへのリンク
  • Canvaのアイキャッチ画像編集画面へのリンク
  • WordPressの新規投稿用リンク

ルーチンのリンクを編集する方法

タスク画面から編集する

  1. タスク画面に表示されているルーチンを選択します。
  2. ルーチン設定ボタンを押します。
  3. ルーチン設定画面でリンクボタンを押し、リンクを編集します。

ルーチン画面から編集する

ルーチン画面で設定・変更したいルーチンを探し、リンクボタンを押します。

リンクに設定するURLの探し方

ウェブサイトであれば、URLをコピーして貼り付けてください。

アプリケーションであれば、お使いのOS + 開きたいアプリ + URLスキームで検索してみてください。

感想

リンクはとても便利です。アプリを開く手間がなくなるだけで作業の開始がとてもスムーズです。何となく違うことを始めてしまうということが減ります。

TaskChute Cloudには実行を補助するための工夫が随所にあるなと感じます。さらに使い込んで行くのが楽しみです。

-TaskChute Cloud

Copyright© LESS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.